植物

プラセンタでママと赤ちゃんを守ろう|母体と胎児を結ぶ重要な役割

健康にも美容にもお勧め

ストレッチする人

免疫力向上や抗酸化に

サポニンとは、免疫力を高めることで知られる成分です。植物に含まれている天然成分で、アグリコンの一種であるサポゲニンと糖から構成される化合物の事です。植物では大豆、キキョウやアケビなどに含まれています。また、ナマコなどの海の動物にも含まれているものです。サポニンの効果は多岐に渡ります。前述のほかには非常に高い抗酸化作用で有名です。また、血行促進や殺菌効果もある成分なのです。えぐみがあるために、大豆を使用する豆腐などでは、取り除かれたりして使用されることの多い物ですが、有用性が知られるようになってからはサプリメントなどにも使用されているので、ダイレクトな効果を期待する人にはサプリメントがお勧めでしょう。若々しく健康でいたい人には特に良いと言えます。

その有効成分とは

サポニンの抗酸化作用を掘り下げて説明しましょう。これに含まれる成分がどういった働きをするのかというと、体の中のコレステロールや体内の脂肪の酸化を防いでくれるなどです。酸化した脂肪はとても厄介なものです。過酸化脂質という成分になってしまい、血管にこびりついてしまうからです。そこで、サポニンが抗酸化の働きにより動脈硬化などを防いでくれるのです。もちろん健康だけでなく、抗酸化により美容にも、ダイエットにも効果的なのがサポニンです。ダイエット効果としては脂肪の吸収を押さえてくれるというのがポイントです。もちろん過剰な食べすぎは良くありませんが、程よい量の食事のサポートにサポニンを含む食品を一緒にとるのが効果的です。