植物

プラセンタでママと赤ちゃんを守ろう|母体と胎児を結ぶ重要な役割

糖尿病を防ぐために

血液

糖尿病を判断する数値

ヘモグロビンa1cとは、赤血球のヘモグロビンにブドウ糖が結合したものです。ヘモグロビンa1cは、糖尿病かどうかを診断する基準となる数値です。血糖値が高い人は、ヘモグロビンa1c値も高くなる傾向にあります。血糖値は、食前と食後で異なり、採血をした時点での血糖状態しか知ることができません。ヘモグロビンa1cは、過去1〜2ヶ月の血糖の平均値を知ることができる数値で、より正確な血糖状態が分かります。ヘモグロビンa1c値が6.5%以上になると、糖尿病を診断されます。糖尿病は一度発症してしまうと、完治することは難しいため、早い段階で対処することが大切です。ヘモグロビンa1cの数値が高いことに気付いたら、まずは食事や運動などの生活習慣を見直す必要があります。

血糖コントロールが必要

血糖値を下げるために最も重要なことは、まずは糖質の摂取を減らすことです。それと同時に血糖値下げる食品である、野菜、きのこ、大豆製品、青魚などを積極的に摂るといいでしょう。また、体を動かすことで血液中の糖がエネルギーとして消費されるため、運動も大切です。血糖値を下げるために効果的な運動は、ウォーキングや軽いジョギングといった有酸素運動です。食後に有酸素運動を行うことで、食後の急激な血糖値の上昇を抑えることができます。食事や運動だけでの血糖コントロールが難しい場合は、ヘモグロビンa1cを下げる効果のあるサプリメントを摂取することもおすすめです。サプリメントを併用することで、より効率よくヘモグロビンa1cを下げることができます。